白井さんちの子育て事情

北海道の田舎町で子育て中。我が家の子育て事情を晒します!

ことばプリント購入しました

先日ブログ内で、購入したいと書いたことばプリント。

korokketabetaina.hatenablog.com

この前本屋に行く機会があったので購入してきました!

まず驚いたのは本のサイズ。

てっきりB5サイズくらいを想像していたので、まさかのB6サイズには驚きました。

どうりで、探してもなかなか見つからないわけだよ…。

中身の方は、2年生までに身に付けたい言葉を大きく分けて9つのグループに分けてあり、さらに細かく分類されています。

例えば、大グループ1は「人の動き」で、その中には「体を使う」だったり「手を使う」といった小グループに分かれて学習できるようになっています。

こちらで中身を立ち読みできるので、気になる人はチェックしてみてください!

 

問題のほとんどが()内に当てはまる記号を書いたり、正しい方に〇をつけるといった問題様式なので、見開き1ページ取り組むのにそんなに時間はかかりません。

冒頭部分にある「ことばプリント」の使い方には、見開き1ページ3分程度で取り組めると書いてあります。

語彙力の少ない長男でも、早ければ3分以内に終わりますし、時間がかかってもせいぜい5分くらい。

たまに分からない言葉だらけのページにあたると10分くらいかかっていますが…。

とにかく1回分がとっても手軽!

スキマ時間に取り組めるので時間がない朝学習にもぴったりです。

 

直接書き込んでもいいですが、私はコピーして使うことをお勧めします。

この「ことばプリント」は100ページ以上と結構厚みがあるにもかかわらず、真ん中でしっかり開いてくれるので、見開きでコピーするのがとっても楽なんです!

厚みのある本って、見開きでコピーするときに真ん中が浮いちゃったりしますよね。

ことばプリントはそんなことにならないので、コピーする際のストレスが限りなく少ないです。

 

どうしても分からない言葉は辞書を使って調べるようにしてますが、我が家の辞書は小学館から出ているこちらの辞書なので、例文がそのまま問題に使われていて頭に残りやすいみたいです。

なので、どんどん併用して使っていきたいところ。

1日見開き1ページ取り組んでいるので、結構ハイペースで1巡できてしまいそう。

ただ、間違えたりしている箇所も多いので、何度も繰り返すことで身に付けていってほしいです。

2年生の夏までには完ぺきにできるようにするのが目標です。

2年生の夏以降は、中学年版の方に入っていきたいなぁ。

 

長男も、「これなら嫌じゃない!」と言って取り組んでいるので、語彙力に自信のない子にはぴったりの分量なんでしょうね。

とっても助かります。

 

全統小の結果が返ってきました

テストを受けた塾から4日に行われた全統小テストの結果が郵送されてきました。

郵送されること、すっかり忘れてました。

というか、テストを受けた塾では12日に結果速報が掲示されることになっていたんですけど、それすら忘れていました(苦笑)

結果は自己採点通りの点数。

平均点は算数が54点、国語が46点。

思ったより平均点は低いと思ったのですが、例年こんなもんなんですかね?

問題を見た感じでは国語の方が平均点が高そうな感じがしたので、今回の平均点はちょっと意外。

まぁそのおかげで、長男は国語に関しては平均点以上を取れたことになるので良かったです。

問題の半分以上を未解答で提出しているので、正直分析もくそもない感じ。

でも、受験して良かったんじゃないかなぁと思います。

 

テストを受けた塾では私が住んでいる地区の上位50%を速報で掲示していたのですが、長男、なんとその上位50%に入っていました!!

まぁ町内では2人だし、地区では10人弱しか受験した1年生はいないんですけどね。

あんな点数でも上位50%に入ったのは奇跡だなと思ったのと同時に、いかにこの地区の学力が低いかが分かってちょっと不安…。

まぁまだ1年生ですからね。

これから高学年になっていくにつれて、分母も多くなるだろうし、その分上位50%に入るのも難しくなってくるんじゃないかなぁと思います。

とりあえず、長男よりもまだ下がいたんだ、良かった…

と、レベルの低いことを思ってしまいました(苦笑)

今回の結果を受けて、もう少し算数に力を入れないとだめだなぁと痛感。

国語ばかりに気を取られていましたが、算数も夏休みでしっかり定着させて、2学期以降は少しレベルの高い問題にもチャレンジできるようになってほしいなぁと思います。

 

家庭学習は一進一退

小学基礎トレーニング計算のお世話になっている長男。

少し前から繰り上がり・繰り下がりありの3つの数の計算に苦戦していましたが、ようやくその謎が解けました。

長男、答えが10以下になる計算にミスが多すぎ!!

下手したら、3-1みたいな超簡単な問題にも悩んでしまうレベル…。

なんで!?

繰り上がり・繰り下がりなしの計算なんてめちゃくちゃやってきたじゃない!!!

20問を2分以内にこなせるくらいになってたじゃない!!

なんで今、それが出来てないんだ!!!

繰り上がり・繰り下がりの計算にはさくらんぼ計算を用いていますが、その過程での計算ミスが多いので、結局正しい答えにたどり着かないんですよね。

間違いが増えるとやる気がなくなる=計算嫌い

という感じになっているみたいです。

計算ミスだけでなく、足し算を引き算で計算したりその逆も然り。

また、例えばですが「17」を「10」と「7」に分けなきゃいけないのに「10」と「4」に分けて計算していたり…。

ケアレスミスが本当に多いのに驚いてしまいます。

計算の仕方はあっているし、文章題だってしっかり読み取れているのに、肝心の計算でミスを連発。

これじゃぁ算数の点数も落ちる一方ですよ…。

頭を抱えていても仕方ないので、もう一度繰り上がり・繰り下がりなしの計算を徹底することにしました。

また、10の補数も怪しいので(これも散々やったのに…)その辺も強化することに。

使う教材は

  • 10の補数プリント
  • 計算カード

の2つにしました。

繰り上がり・繰り下がりなしの計算を強化する代わりに今の家庭学習のペースを落とすのは避けたかったので、なるべくシンプルな方法を選びました。

10の補数プリント

繰り下がりのある引き算で必ず使うので、10の補数は瞬時に出てくるようになってほしい。

散々暗記もさせたけど、どうも新しいことを覚えたとたんに記憶があいまいになってしまったらしいのです。

計算で毎日使ってるのになんでだよ…とため息をつきたくなりますが、定着していないということなので何としても定着させたい。

そこで利用しているのが10の補数を素早く見つけるプリントです。

p.booklog.jp

 

A4の紙に1~9の数字がランダムに並んでいるだけなのですが、そこから隣り合う数字を足したら10になる数字を見つけるというもの。

これ、すごく良いです。

長男にも好評で「計算は嫌だけど、これはゲームみたいだからやる!!」と言って嫌がらずに取り組んでくれます。

1回5分でどれだけ多く見つけられるかを毎日競ってもらっています。

今のところ…全然出来てません(苦笑)

だいたい30~40くらい見つけられるんですけど、長男は20個見つけられたらいい方です。

まぁ数をこなせばできるようになると思うので、しばらくはこのプリントで10の補数の強化をしていこうと思います。

計算カード

以前作った計算カード。

korokketabetaina.hatenablog.com

 

最近は長女がたまに見るくらいで長男は手を付けることがなかったのですが、ここにきて出番です!

答えが10以下になる計算に毎日取り組んでもらうにあたり、プリントを用意するか、ノートに問題を作成するか悩んでいたのですが、どちらもしっくりこないんです。

あまりここで時間を取られたくないので、もっと手軽にできる方法はないかと考えた末にたどり着いたのが、計算カードを使って口頭で答えさせるという方法。

毎日足し算10枚引き算10枚のカードをランダムに抽出し、カードをめくりながら口頭で答える。

20問3分を目安に考えています。

これなら問題をプリントアウトするインク代や紙代の節約にもなるし、問題をノートに作る手間もかかりません。

せいぜい、夜の間に私が20枚のカードを適当に抽出しておくだけ。

それに、口頭で回答する方法なら、長男も手を動かす手間が省けるので時間短縮にもなります。

間違えたからっていちいち消しゴムで消したりするのも、小1の長男には結構な手間ですからね。

家庭学習に入る前の頭の体操くらいにとらえてくれたらいいなぁと思います。

 

基本はどちらもゲーム感覚で出来ることが重要かなと思っています。

制限時間を設けておけば、必要以上に時間をかけることもないし。

また、今は10の補数探しに5分、計算カードに3分の計8分を使っていますが、いずれは10の補数と計算カード合わせても5分以内で出来るようになればいいなぁと思います。

それくらい瞬時に数字が頭に浮かんで来れば、繰り上がり・繰り下がりありの計算も苦にならないんじゃないかなぁなんて。

間違いが減れば、自然とやる気も自信も湧いてきますからね!

一進一退、牛歩並みの家庭学習ですが、土台作りが何より大事な時期ですから、ここで何とか踏ん張ってもらいたいものです。

 

漢字テストを作成

先週から1日2字のペースで始めた漢字練習。

月曜日のミニテストでは結構覚えていたみたいで、今のところ順調です。

このままのんびり進めていきたいところなのですが、気がかりなのは私の出産が控えているということ。

産後は入院中はもちろん、退院後もしばらくは子供たちの勉強を見てあげられません。

算数に関しては、プリントや基本トレーニング計算があるので一人でも取り組むことが出来そうですが、漢字は1字ずつきっちり教えてあげないとダメなんですよね~。

なので、産後しばらくは新しい漢字を教えることができません。

それならば、逆にこの新しい漢字を習えない期間を利用して、私の出産までに習った漢字をひたすら定着させてしまおうじゃないか!!という結論を出しました。

出産までに教えられる漢字はおよそ30字くらいになると思うのですが、それらを一度しっかりと身に付けてから新しい漢字を覚えていっても遅くないですよね。

というわけで、入院中や退院後しばらくの間、長男一人でも取り組めるような漢字テストを作成してみました!!

基本トレーニング漢字12級を片手に、Excelでちまちまと作っています。

f:id:korokketabetaina:20170613110309p:plain

テスト作成って、地味に大変ですね…。

学校の先生はこんなのを日頃から作っているのかと思うと、頭が下がります。

何パターンか作っておいて、あとは何回も繰り返し印刷して取り組ませる予定です。

まだ2パターンしか作れてないので、出産までに頑張って作らなければ…!!

教科書の順番で教えているので、該当する漢字の抽出が結構面倒なんですよね~。

まぁ1度作ってしまえばあとは印刷するだけなので、頑張ります。

 

今長男が夢中なもの

運動会、終わりました。

徒競走や団体競技はそんなに心配はしていませんでしたが、ダンスはとっても心配でした。

なんせ家庭訪問時に担任から「指示が理解できていないかもしれません」なんて言われていましたから…。

korokketabetaina.hatenablog.com

それに、もともとリズム感とかないんですよね。

歌もびっくりするくらい音痴だし。

幼稚園でもダンスはありましたが、毎年突っ立ってるか、とりあえず飛び跳ねてるだけの状態。

小学生になると、1年生だけでなく2年生も合同でのダンスになるので、一人足を引っ張らないか心配で心配で…。

しかし!!

長男は成長していました!!

ダンス、しっかり踊れてました~!!!

ワンテンポ遅れてる部分も結構あったけど(苦笑)

左右を間違えたりせず、陣形が変わるときにはちゃんと自分の位置に移動でき、最後はびしっと決めポーズをとってくれました。

もうね、見ていてだんだん泣けてきてしまって…。

いつまでも赤ちゃんじゃないんだなぁと、改めて思った運動会でした。

 

さて、ようやく運動会も終えたところで、学校の方から学研の推薦図書の案内をもらってきた長男。

音読嫌いのわりに、本を読む(というか眺める)ことには抵抗がない長男は、案内をじっくりと吟味し、とある1冊をおねだりしてきました。

今まではトミカプラレール命で他のものには一切興味を示さなかったのですが、今回おねだりしてきた本は…

 恐竜最強王図鑑でした。

そうなんです。

最近長男は恐竜に夢中。

折り紙を使った工作も恐竜だし、自由帳の中身もほぼ恐竜(ドラゴン?)

とにかく恐竜最高!!な長男。

そんな彼のために買ってあげましたとも。

中身は恐竜のトーナメント戦をシミュレーションした内容で、大人でも好きな人は読み耽ってしまう感じです。

長男も、最強の恐竜はどれだろう??とドキドキわくわくしながら一生懸命読んでいます。

このほかにも、最近は昆虫がお気に入りのようなので、夏休みに向けて昆虫の本も探してみようと思います。

トミカプラレール命だった長男も、視野が広がりいろんなものに興味が出てきたんだなぁと成長を感じます。

まぁ相変わらず、「トミカプラレール、大好き!!!!」と豪語していますが(笑)

男の子ですからね、それでも全然いいと思います。

これからも、長男の好きなものがどんどん増えるといいなぁと思う白井でした。