読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で子育てを楽しむ方法

北海道の田舎町で子育て中。学習方法や趣味の話を綴ります。

基本トレーニング漢字はどう使う!?

基本トレーニング計算12級と一緒に、漢字12級も購入しました。

 漢字の教材はまだノーマークだったのでちょうどいいかなぁと。

あ、教科書ワークの付録も漢字でしたね。

教科書ワークの付録と基本トレーニングの圧倒的な違いは、やはり教科書準拠かどうかというところ。

教科書ワークの付録の方は当たり前ですけど教科書準拠。

教科書に出てくる順に出てくるので、いちいち習った漢字を探して練習させる手間が省けるところは良いですよね。

でも、私は漢字は「どうせ覚えるなら順番なんて関係なくない??」と思ってしまう派なので教科書準拠かどうかはあまり重要視していないんですよね~。

なので、漢字で主に使用する教材は基本トレーニングになる予感。

もちろん教科書ワークも使いますが、こちらはさらっと予習で使うくらいかなぁ。

 

基本トレーニング漢字の構成は、1日1ページ(裏表)で表で漢字の書き順や読み方を覚え、裏は穴埋め問題になっています。

表の漢字練習スペースは少ないので、ノートを用意して書いた方がいいかも。

12級は1日目はひらがなの復習になっていて、2日目からは漢字を4つずつ覚えていけるようになっています。

ちなみに2日目は「木」「口」「日」「目」です。

裏の問題量もそんなに多くないですね。

漢字1つにつきだいたい4問ずつなので、ちょっと物足りないかも。

でも、基本トレーニングのレベル自体が基礎から標準になっているので、一番初めのとっかかりとしてはちょうどいいかもしれませんね。

とりあえず、漢字の形と読みを押さえておこうって人にお勧めかと思います。

基本トレーニングで土台を作って、肉付けはその他のドリルや問題集でって感じがいいかも。

我が家では基本トレーニングを終えた後にZ会のグレードアップ問題集を考えています。

…が、グレードアップの前に何かほかのドリルで強化したほうがいいのか悩み中。

学校から配られるであろうドリルの使用も検討したいところですが、きっともらってくるのは2学期以降でしょうね~。

それまでは公文の小学ドリルあたりを使おうかな。

 

ひらがなとカタカナはマスターしている長男なので、本当はすぐにでも漢字に取り組みたいところなのですが…。

いきなりいろいろやっても、長男のことだから覚えられないだろうなぁということで、漢字は夏休みに入ってから、と決めています。

今はもう少し、ひらがなとカタカナをきれいに書く練習をしてもらいます。

 

[基本トレーニング計算12級に関する記事はこちら↓]

korokketabetaina.hatenablog.com

 

基本トレーニングの計算と漢字を買ってみた

受験研究社から出ている基本トレーニングシリーズの計算と漢字を購入してみました。

今月で有効期限が切れる楽天ポイントがあったので、書店で中身を吟味したのち楽天ブックスで購入。

千円ちょっとの買い物でも送料無料なのは北海道民からしたら本当にありがたいです♪

話を戻して、基本トレーニング計算と漢字の中身についての簡単なレビューをメモしておきます。

基本トレーニング計算

今回購入したのは12級。

基本トレーニングは学年表記ではなく12~1級という級表記になっています。

一応学年表記も小さく書かれていますが、ちょっと分かりづらいかもしれませんね。

1年生の範囲は12級になります。

1日1ページ(表裏)で、30日で1冊こなせる感じがお手軽で魅力的。

問題量も1回分が20題~40題くらいと理想的です。

あと安いです。リーズナブル。ほんと最高。

 

現在長男は公文の小学ドリル「たしざん」と「ひきざん」に取り組んでいるのですが、それが終わったらこちらに取り組んでもらおうと思って購入しました。

昨日届いたので早速中身を確認してみて思ったのは、公文より基本トレーニングの方がレベルが低いかも…ということ。

まぁほとんど大差ないとは思うんですけどね。

基本トレーニングは大きい数のたしざんひきざんは2桁+1桁(繰り上がり、繰り下がりなし)までになっているのに対し、公文のドリルは2桁+2桁の計算が盛り込まれています。

あと、公文の方は淡々と計算をこなしていく構成になっていますが、基本トレーニングの方は、表は穴埋め形式で計算の仕方を簡単に解説し、裏に問題が20題くらいという構成。

途中、復習テストなんかも挟みつつなので、基本トレーニングのほうが親切設計になっているように感じました。

そうなってくると、公文のドリルが終わってから取り組むよりも基本トレーニングで計算方法を身に付け、公文で数をこなしていく方がいいのかも?

並行して取り組んでもいいかもしれませんね。

 

う~ん…悩む。

ただ、公文のドリルは切り離して使っているので、繰り返し使うのにはちょっと不向きかも。

あらかじめコピーしておけばいいかもしれないけれど、なんか面倒くさいしインク代と用紙代が…(貧乏性ですみません)

そうなってくると、やっぱり繰り返し使うのは基本トレーニングの方が向いているんですよね~。

表は直接書き込んで、裏の問題はノートに書き写して使えばいいだろうし。

 

こうやって問題集やドリルを購入するたびに、頭を悩ませております。

でも、こういう時間が結構楽しかったりするんですよね~。

 

とりあえず、今の長男は1桁+1桁(答えが10以下)の計算にもっと慣れてもらいたいので、ドリルは小休止。

しばらくは自作の問題に取り組んでもらいます。

いい加減覚えてくれ~って感じなんですけどねぇ…。

 

私「7+3は?」

長男「う~ん…(しばらく考えて)10!」

私「正解!じゃあ3+7は?」

長男「えーっと…難しいなぁ…」

 

毎日がこんな具合なので、本当に亀の歩みで進めています。

なんで直前の計算式の前後が入れ替わっていることに気が付かないんだろう…。

この現象、ノートに問題を書いても起こるので本当に不思議。

毎回初めての問題って感じで解いています。

いつまでも新鮮味を味わえていいね~(白目)という感じです。

長くなってしまったので一旦切ります。

 

[基本トレーニング漢字12級に関する記事はこちら↓]

korokketabetaina.hatenablog.com

 

音読カードを導入

長男の音読をフォローするため、音読カードを導入することにしました。

korokketabetaina.hatenablog.com

 

はじめは音読カードに意味なんてあるのかなぁと思っていましたが、少しでも長男のモチベーションが上がってくれるなら導入してみるのもアリかなぁと。

いろいろなテンプレートを参考にしながら、シンプルなものをエクセルで作ってみました。

f:id:korokketabetaina:20170425154350j:plain

まずは文字を読むことに慣れることが目標である長男に、あまり細かいことを求めてしまうのは酷なので、

  • 声の大きさ
  • スラスラ読めたか

以上の2点にポイントを絞ってみました。

1学期の間はこの2点が◎になることを目標に、長男には頑張ってもらおうと思います。

早速今日の音読からスタート。

今日の音読は「にみくいあひるのこ」

長男チョイスです。

声の大きさは◎だったけど、スラスラ読むのはまだ苦手みたい。

でも、自分で選んだ本なので最後まで嫌がらずに読み切りました。

たったこれだけのことでも、長男としては自信に繋がるんですよね。

やったー!最後まで読んだぞー!!と満足気でした。

ほかの子と比べたら本当に小さな進歩ですが、それでも着実に成長してくれれば私も満足です。

頑張れ、長男!!

 

長男の音読教材を見直し

我が家では音読教材はこちら↓を使用しています。

子供たちに声に出して読んで,覚えてほしい・書いてほしい作品集 - 広島県ホームページ

korokketabetaina.hatenablog.com

 

小学生の、それも低学年のうちから触れていても損はない作品ばかりなのでこちらのサイトを見つけた時は本当にうれしかったです。

春休みから、毎日少しずつ音読させて、わからない言葉は国語辞典で調べるということをやってきた長男。

しかし本格的な授業が始まり、教科書中心の家庭学習に移行していった結果、音読はもっぱら教科書メイン

せっかく製本した音読プリントはあまり使うこともなく…。

1年生の国語の教科書って、はじめの方は音読らしい音読をするページって少ないんですよね。

そんなわけで、最近はめっきり音読する時間が減ってしまいました。

そしてその結果、音読嫌い&音読下手になってしまいました。

これはまずいです。

完全に音読を始める前の状態に戻ってしまっていました。

そこで昨日は久しぶりに音読プリントを使ってみたのですが…やっぱり駄目ですね。

うまく読めない!!と言って不貞腐れてしまいました。

ますます音読嫌いになってしまう~。

まぁ、長男の気持ちもわかります。

大人だからこそ、音読教材に使われている作品の良さがわかるけど、子供からしたら「よくわからないし面白くない」ってなっちゃいますよね。

もちろんそうじゃない子もいるとは思いますが、長男は「音読プリントってつまんない」って思っているタイプ。

そんな彼に読みなさい!と言ってもいやいや読むのが関の山。

これじゃぁ音読の意味がないし、音読嫌いから読書嫌いにまで発展してしまいそう。

そうならないために、長男の音読教材について見直しをしてみました。

抑えるポイントは3つ。

  • 教科書メインは変わらず
  • 長男が面白いと思うもの
  • 無理なく読める

もうこの際絵本でもいいと思っています。

文章が長めの絵本で、普段あまり読まないものが何冊かありますし。

教科書に一部掲載されている絵本もあるんですよね~。

そういうので、音読や読書の楽しみを覚えていってもらえたらいいなぁ。

理科好きの子に育つふしぎのお話365も、いい音読教材になりそうです。

ただ、こちらは文字が細かくて読みにくそうなので、全部を長男一人に読ませるのではなく、読む範囲を決めてあげて、残りは私が読んであげるようにしないとダメかも。

まずは音読、というか文字を読むことに慣れることが当面の目標です。

 

長女のちょっと困った癖

なくて七癖とはよく言ったもので、人には必ずしも癖というものがありますよね。

長男は指しゃぶりの癖が抜けなくて、5歳の誕生日直前まで寝るときはがっつり指をしゃぶって寝ていました。

おかげで大きな大きなタコができ、しゃぶってる方の親指はちょっとにおう…なんてことがありました(苦笑)

そして、長女にもちょっとした癖があります。

それは入眠時や眠りが浅くなった時に頭を枕やクッションに打ち付けるというもの。

もう1歳過ぎからずっとやっていることだし、最近では回数も減ってきたのですが、やっぱり頭を打ち付けているということもあって心配…。

そんなわけで、先日日本脳炎の予防接種を受けた時に小児科の先生の相談してきました。

そのことについて、忘備録としてメモしておこうと思います。

ちょっと長くなるのでお暇な方だけどうぞ~。

 

長女の癖

1歳を過ぎたあたりから、眠くなった時や寝起き、眠りが浅くなったときなんかに、枕やクッションに頭をゴンゴンと打ち付けることがありました。

枕やクッションがあるとはいえ、ゴン!ゴン!と穏やかではない音がするのはちょっと心配。

健診のたびに小児科の先生には相談していたのですが、1歳くらいだと壁や床に頭を打ち付ける子は結構いるといるし、成長すれば収まってくるよ。と言われたので、心配になりながらも様子を見ていました。

もともと寝返りをマスターしたあたりからうつ伏せで寝る癖があったので、余計頭を打ち付けやすかったんでしょうね。

早朝の眠りが浅くなってくる時間やお昼寝するときなど、睡眠の前後でよく頭をゴンゴンしていて、それが長女の眠いというサインだなと思うようにもなってきました。

眠ってしまえばおとなしいし、特に痛がっている様子もない。

成長とともに減っていくだろうという先生の言葉を信じて今日まできました。

考えられる原因は?

先生の言う通り、4歳になった今ではだいぶ回数も減ってきました。

でも、やっぱ頭を打ち付ける行為がゼロにはならないんですよね…。

さすがに心配。

脳みそとか大丈夫なんだろうか??

そう思って、再び小児科の先生に相談してみたところ、考えられる原因をいくつか挙げてくださいました。

原因その1:自閉症

長女の癖についてはたびたび自分ではネットで検索していたのですが、その結果一番多く出てくる原因が自閉症でした。

自閉症の子の中には、癇癪を起したときなんかに頭を壁や床に打ち付ける、いわゆる自傷行為をする子がいるそうです。

しかし、長女は怒りっぽく自己中な性格ではありますが、癇癪を起して頭を打ち付けることは過去に1度もないのです。

頭を打ち付けるのは眠い時限定。

小児科の先生には、長女の性格についても簡単に質問がありました。

  • 友達と一緒に遊んだりできる?
  • 周りの空気を読んで行動できる?
  • 教室の隅で一人で遊ぶことは?

まぁ、コミュニケーションがうまく取れているかどうかの質問ですね。

これに関して長女は、友達は多いほうだし自分から率先して友達を作っていくタイプ。

家ではわがまま娘だけれど、幼稚園の先生の話だと、周りの空気を読んで行動できているし、率先してみんなを引っ張ってくれるしっかり者のお姉さんとのこと。

そうなってくると、自閉という可能性は極めて低いとのこと。

原因その2:チック症

子供の1~2割くらいに症状があると言われているチック症

私も正直名前と、漠然とした症状くらいしか知らなかったのですが、チック症の症状というのは子供によってさまざまなんだそうです。

瞬きや首振りなんかが有名ですよね。

そういえば、長女は1歳過ぎくらいまでは頻繁に首振りしてました。

なんでもない時に突然首を激しく振りだすなんてことがたびたび…。

その時は別段気には留めなかったんですよね。

だってめちゃくちゃ楽しそうだったから…。

首を激しく振りながらキャッキャッしてたので、遊んでいるのかと思ってました。

動きを止めた後は目が回っているみたいで、その感覚を楽しんでいるのかと…。

そのことを話してみたのですが、「今もそれやる?」と聞かれたら答えはノーです。

まったくやりません。

上でも書いた通り、長女が頭を床に打ち付けるのは眠い時or眠りが浅い時限定なのです。

ということで、チック症とも違うのでは?とのこと。

原因その3:夜驚症

寝るとき限定となってくると、考えられるのが夜驚症の類。

夜驚症は夜中に突然泣き叫ぶというのが主な症状ですが、それには昼間起きているときの恐怖やトラウマなんかが原因なんだそうです。

寝る前にひどく叱られたとき、昼間に怖い体験をしたとき。

そんな時は寝ている間に無意識にその恐怖体験を思い出してしまうことがあるんだそうです。

う~ん…そういえば、きつく叱ったときなんかは結構激しかったりするような??

でも、機嫌がよい時でもやるんですよね。

それを伝えると、「う~ん…じゃぁ違うのかなぁ?」とのこと。

原因その4:ストレス発散

夜驚症でもないとするといよいよ原因が分からなくなってきた小児科の先生(苦笑)

デスク上のパソコンで一生懸命可能性を検索してくれましたが、長女に当てはまるものはなく…。

先生が行き着いたのは「もしかしたら、日々感じているストレスと、無意識のうちに発散しているのかもしれないね~」だそうです。

夜驚症とはちょっと違うんだけど、まぁ似てるよね。とのこと。

そうか~ストレス発散なのか~…。

「あんまり叱らない生活をしてみたら?」なんて言われたけれど、私だって好きで叱ってるわけじゃないんですけどね~(苦笑)

まぁお子さんがいらっしゃる先生のことなので、そんなの難しいってこと、わかっていってるんでしょうけどね!

 先生が出した結論は?

いろいろな可能性を検証してみた結果、先生が出した結論はストレス発散または単なる癖とのこと。

入眠儀式をする子供がいるように、長女の頭を打ち付けるという行為もその類なのかなぁとう感じ。

また、眠りが浅くなると頭を打ち付けることに関しては、単に寝ぼけているだけなのかも。だそうです。

まぁ確かに、夜中や明け方に頭を打ち付け始めたと思っても、私が隣で声をかけるなり背中をトントンしたりさすってやれば、またおとなしく眠ってしまうんですよね。

 

日々のストレスに関しては、ちょっと分かる気もします。

長女は幼稚園の年少さんですが、その年少さんの中でも一番のお姉さんとして先生方から接せられているようなんです。

しっかりしていて、「お着替えの補助なんて新学期が始まってからしたことないんですよ!」と担任の先生からも褒められました。

また、お片付けの時間には率先しておもちゃを片付ける姿もよく見られるんだそうです。

自分はバスの関係でおもちゃで遊んでいないのに、まだ遊びたいとぐずっているお友達に代わってお片付けをしているという話も聞きました。

正直、家にいるときの長女とは真逆でびっくり

家では片づけなんて絶対しないし、最終的には遊んでいない長男に「お兄ちゃん片づけてー!!」と泣き叫ぶ始末…。

夫に叱られれば逆切れとばかりに拳で応戦したりとなかなか過激な一面もある長女。

それでも、しっかりした性格なのも事実で、幼稚園の先生からは「つい年少さんだってこと、忘れて接しちゃうんですよね」なんて言われますし、私たち夫婦でさえ、「そういえばまだ4歳だった」と思うときがあるほど。

ということは、長女は長女なりにものすごく頑張って毎日を過ごしているんだろうなぁと。

そのことが、本人も気づかないうちにストレスとなって入眠時に表れているのかもしれませんね。

もしそうなら、これは反省しなければ…。

あとは、ただ単に癖という可能性もあるそうなので、その場合はもうしばらく様子を見てもいいのかなぁとも思います。

まだ4歳ですし、小学校に上がるころにはなくなっているかもしれないですし。

今回原因について解明には至りませんでしたが、小児科の先生から「心配ないよ」と言ってもらえたことは大きな収穫だったと思います。

長男が発達障害の気があるため、長女もそうだとは言い切れませんし、もしかしたら私たち夫婦が気が付いていないだけで、自閉症のサインなのかも???なんて不安に思うときもありましたからね。

おそらく、成長すれば自然と収まるものだと思うので、あまり気にしないようにしようと思います。

あんまりひどい時はアレですけど…最近はそういうのはめっきり減っているので、このままこの癖が消滅するのを待とうと思います。

小学校に上がるころに、まだ続いているようならもう一度相談しようかなぁとは考えていますが。

なるべく長女のストレスが軽くなるような生活は心がけてあげようと思います。

つい長男にかかりっきりになってしまって、長女は後回し、なんてことが多いのでね。

反省しきりです。

 

最後に、今回の記事はかかりつけの小児科医師のお話を思い出して書いています。

あくまでも我が家のケースであり、ほかの人もこの限りだとは言い切れないので、似たような症状を持つお子さんがいる場合には一度かかりつけの小児科医に相談してみてくださいね。