読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で子育てを楽しむ方法

北海道の田舎町で子育て中。学習方法や趣味の話を綴ります。

週間予定表をつくりました

教育

春休みに入り、ドリルもサクサク進んでいます。

長男も朝起きたら進んで机に向かうようになり、少しずつ家庭学習も定着してきたかなぁと言う感じ。

まぁまだ始めたばかりだから「定着」と言うには早い気がしますが。

家庭学習に意欲的に取り組むようになったことで、長男から「今日は何するの?」と聞かれることも増えたので、週間予定表を作ってみました。

本当はハワイトボードの方が効率が良いのですが置き場がないため、今回もエクセルで作成してプリントアウト。

こんな感じになりました。

f:id:korokketabetaina:20170322084245j:image

緑枠は学校行事など長男に関係する予定を書く欄。

基本的に行事や予定は家庭学習よりも優先順位が高いので、宿題もここに書いていく予定です。

忘れちゃいけないものですからね!

北海道民は宿題提出率が頗る悪いですが…

宿題は基本中の基本ですから優先的に終わらせる習慣をつけてほしいものです。

オレンジ枠には家庭学習の内容を書き込んでいきます。

今はひらがなとカタカナの書き取りもしているので、その日に練習する字も書いておきます。

ノートを見れば分かりますが、長男はよく「今日は何書くんだっけ?」と言うことが多いので。

あとは何のドリルを何ページやるかを、ドリルの内容を見ながら長男と相談して決めていきます。

基本的には長男が「それ以上は無理!」と言ったページ数+1ページを目安にしています。

長男は自分にとことん甘い男なので(笑)

1週間分の予定が組めたら、クリアファイルに入れて机の上のブックスタンドに立て掛けておけば、いつでも確認できます!

f:id:korokketabetaina:20170322085218j:image

学習内容や予定はなるべくひらがなとカタカナで表記し、長男が1人でも確認できるようにしました。

終わった内容には赤線を引いて終わったことを視覚化。

これでモチベーションも上がるかなぁと。

この方法、長男は気に入ってくれたようなので続けられる間は続けていくつもりです。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

どこにする?どこがいい?入学・入園の写真撮影

育児 日常

我が家は今年入園と入学を控えているということもあり、写真スタジオで記念写真でも撮ろうかなと考えています。

普段は面倒くさがる夫も、「そう言えばちゃんとした家族写真って一枚もないな」とぽつり。

実家から長男の入学祝いにいくらか包んでもらっているし、その中には写真撮影代も含まれているはず。

そんなわけなので、現在どこの写真スタジオに予約を入れようか検討中です。

まぁ田舎なので選択肢は極めて少なく、大手はスタジオアンスタジオマリオの2社のみ。

www.studio-anne.co.jp

 

www.studio-mario.jp

 

あとは町の写真館って感じですかね~。

どうせなら子供たちだけでもヘアメイクくらいはしてもらいたいし、大手の方が何かとサービスが良かったりしそうなので、今回はスタジオアンとスタジオマリオのどちらかにする予定。

あとは料金やサービスなんかを見て決めたいところ。

正直どっちも同じような気もするけれど…少しでもお得な方で撮りたいので、2社を比べて見ました。

撮影の流れ

写真スタジオで写真を撮ること自体不慣れな私。

撮影の流れを把握して、少しでもバタバタを防ぎたいところです。

ざっと見比べた感じ、どちらも同じような流れで撮影するようですね。

1.予約

ネットでも電話でも予約が出来るのは嬉しいです。

あまり電話が好きじゃないので、私はネット予約一択(苦笑)

2.衣装選び

着物やドレス、タキシードなどなど。

ビックリするくらいたくさん衣装があるんですよね。

今回長男は入学式で着る服、長女は幼稚園の制服で撮る予定なので衣装選びは関係ないですが、衣装を借りるとしたらどの衣装にするか迷って決められないかも…。

試着も撮影も何着でも無料(一部有料もあり)だっていうから余計悩んでしまいます。

3.着付け・ヘアメイク

子供にメイクって必要!?って意見もあるみたいですけど、写真写りを気にするなら多少はメイクも必要なんだそうですよ!

髪型だって、素人じゃ出来ない髪型にできちゃうし、やってもらって損はないかなぁと思います。

特に女の子は絶対喜ぶはず!!

ただ、どうしても最近の流行りなのか盛ヘア?っていうんだっけ?

キャバ嬢やホストみたいな髪型になりがちなのが…。

今回は入園・入学だから洋服だし違和感ないだろうけど、七五三の時には「普通の髪型はないの??」と困惑してしまいました。

ああいうヘアスタイルが好きじゃない人はスタッフさんにお任せにはしない方がいいかもしれませんね~。

まぁその辺は好みです。

4.撮影

撮影の前にはスタッフさんが衣装やヘアメイクの最終チェックをしてくれます。

撮影は何カットでもOK

納得いくまで撮らせてくれるので緊張しなくていいですよね。

スタジオマリオでは1衣装10分程度の撮影時間とのこと。

5.写真選び

正直この作業が一番しんどい(苦笑)

たくさん撮ったらその分悩みの種が増えますからね~。

ここで、フレームやら台紙やらも選ぶので本当に悩みます。

七五三の時は最終的に母に丸投げ(苦笑)

だって選択肢が多すぎるんだもの!!

ただ、今回はあんまりお金をかける予定はないので、その辺はきっちり選んでおきたいと思います。

6.受け渡し

写真の受け渡しは店頭で。

スタジオアンもスタジオマリオもだいたい2週間くらいで出来上がるようです。

料金プランの違いは!?

撮影の流れはどちらも同じ。

料金形態も撮影料+写真代で、何枚撮影しても撮影料は変わらないとのことなのですが、ここで大きな違いを見つけました!

まずはスタジオマリオ

こちらは撮影料が3000円+税。

対するスタジオアンは、入園・入学キャンペーンで小学生以下の子供の1人撮影がある人は撮影料が無料になるそうです!!

それならスタジオアンの方がお得じゃ~ん!

写真代に関してはセット内容が若干違ったりして正確に比較することは出来ないので、あとは完全に好みになっちゃうのかなぁと…。

台紙にするかフレームにするか、実物を見てみないtイメージわかないんですよね~。

我が家の決断は?

まだ夫には相談していませんが、撮影料無料になる分スタジオアンが優勢かなぁと。

予約に関してはどちらも余裕があるようなので、もう少し悩んでみようかな。

まぁおそらくスタジオアンになりそうです。

だってイオンに入っているから買い物ついでに写真撮れちゃいますもんね!

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

長女のドリルと卓上クリーナー

教育 育児 日常

春休みに突入し、我が家は終始賑やかです。

とっっっってもうるさくて、在宅の仕事が捗らないのが悩みですが…具合が悪くなるよりは全然いいので良しとします(笑)

長女のドリル選び

長男用の教材を選ぶのはそんなに悩まない方なのですが、長女用の教材選びは毎回とても悩みます。

自己主張のがとっても激しい長女は、簡単すぎても文句を言うし、難しくても文句を言うタイプなので…。

前回、春休みからは学研の頭脳開発シリーズを2冊用意したと書きましたが、これだけだとどうも物足りない様子。

korokketabetaina.hatenablog.com

 長男が何冊もドリルをこなしているのを見ているせいか、羨ましいみたいなんですよね。

無料のプリントも何枚か用意はしてあるのですが、どうも気乗りしないと拒否して来る…。

それじゃぁ長男の真似をしてひらがなでもなぞってみようか!と言っても、「難しい!だってまだ3歳だもん!!」と年齢を理由にやりたがらない(何故…笑)

さて、どうしたものか…と悩んでいたのですが、なぞり書きが嫌なら迷路にしてみたら?という夫からの助言で、迷路のドリルを用意することにしました。

数ある迷路のドリルから選んだのは公文のめいろ

公文は幼児ドリルも結構私好みなので、実は学研より好きかもしれません。

ひと口に迷路と言ってもたくさん種類があるんですね~。

個人的には日本の名所が面白いなと思ったのですが、長女には難しいみたいで見向きもしませんでした(苦笑)

簡単すぎず難しすぎない、ちょうど良い難易度はないものか…。

何冊か中身を長女と一緒に確認しながら最終的に購入したのは、「めいろあそび どうぶつ」になりました。

 初めは難しい…と嫌がっていたものの、実際に指でなぞらせてみたら結構さくさく出来ていたので、長女も納得したようです。

それにしても、どうして自己主張が激しいのでしょう。

長男と足して2で割ったら丁度いいのになぁ(苦笑)

卓上クリーナーを購入しました 

リビング学習をするようになってからずっと気になっていたことがあります。

それは消しゴムの消しカス!!

毎日毎日、結構な量の消しカスが出るんですけど、それを手で綺麗に取り除くのって大変ですよね。

目に見えるカスは取れても、机を触るとなんだかザラザラ…。

これが地味にストレスでした。

そこで、我が家も卓上クリーナーを購入することにしました!

購入したのはこちら↓

本当はシンプルなものを希望していたのですが、値段が希望する価格で見つからなかったので、レビューの高いこちらをチョイス。

サイズはちょっと大き目だけど、机の上をしっかり綺麗にしてくれるので満足しています。

私が購入したのはピンク。

本当は赤が良かったのですが売り切れていたので…。

新色が出るならもう少し待っても良かったかも~。

ホワイト可愛い!!

中国産で説明書も中国語なのが気になりますが、動作に問題はなく、音もそんなに気にならない。

これで1000円くらいなら文句なしです。

同じメーカーでキノコ型のクリーナーも人気です♪

 机の上の消しカスにお悩みの方にはお勧めのクリーナーですよ~。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

付箋?それともマーカー?小学生の辞書活用法

教育

無事卒園式を迎えた長男。

幼稚園とPTAからの卒園祝いの品物は国語辞典と園児が描いた絵をプリントしたマグカップでした!

どちらも素敵なプレゼントです。

特に国語辞典!

夏休みくらいには買ってあげようかなぁなんて思っていましたが、こんな形で手に入るとは嬉しい誤算です。

長男も初めての国語辞典に興味津々。

とりあえず、適当に開いたページに知ってる言葉が載っていないか、載っていたらその言葉の意味を音読させてみました。

総ルビなのでひらがな、カタカナが読めれば長男でも使えるのが嬉しいですね!

 

ところで、数年前から辞書に付箋を貼りまくる辞書引き学習法が流行っているそうですね。

提唱しているのは教育学博士の深谷圭助先生。

そういえば、何年か前にテレビで紹介されていたのを観たような…。

知っている言葉を付箋に書いて、その言葉が載っているページに付箋を貼っていく方法ですよね。

辞書引き学習法の詳しいやり方はこちらを参照↓

jishobiki.jp

 

付箋が増えればその分知っている言葉が増えたということで、それを可視化できるのは小学生にとっては良いのかもしれませんね。

一方、私が学生時代にやっていたのは調べた言葉にアンダーラインを引いていくやり方。

マーカーを使ったりもしていました。

長男に国語辞典の活用法を教える時、どちらが良いのか…。

いろんな意見があると思いますが、私なりにメリットデメリットをまとめてみました!

付箋を使うメリット、デメリット

メリット

付箋を使うメリットは何と言っても可視化できること。

知っている言葉を付箋に書いて貼っていくので、付箋が増えればその分知っている言葉が増えたということ。

子供は単純ですから、付箋が増えるのはやっぱり嬉しいですよね!

付箋を増やしたいから、どんどん付箋に書いて貼っていく。

つまり、辞書を開く回数が増える。

これは辞書に慣れていない低学年に、辞書に慣れさせるには良い方法だと思います。

辞書を引くことに抵抗がなくなれば、知らない言葉に出くわした時、ささっと辞書を引くことができますしね!

よく考えられていると思います。

デメリット

付箋を使った辞書引き学習法のデメリットは、付箋が増えると使いにくくなるということ。

1つのページにたくさん付箋を貼っていくわけですから、その分厚みは増していきます。

また、付箋なのでビラビラとはみ出ているのがなんとも…。

こんなことは勉強道具にあまり言いたくないのですが、見た目が美しくないんですよね〜。

スマートじゃない!

それから、知っている言葉を付箋に書いて貼っていくので、言葉を覚えると言う感じではないのも気になります。

ただ貼ればいいだろう、みたいな感じが否めないんですよね…。

マーカーやアンダーラインのメリットデメリット

メリット

調べた言葉にアンダーラインやマーカーを引くので、付箋を貼りまくった辞書と比べるとやはりスマート。

調べた言葉に印をつけるので、2度目に調べたときに「これ、前も調べてたのか!」と気づく事ができます。

  • 1度目はアンダーライン
  • 2度目は単語の右側にライン
  • 3度目は単語の上にライン
  • 4度目は単語の左側にライン

こうやって印をつけていくと、4回も調べた単語は四角で囲まれた事になります。

そうすると、いやでも目に入るし覚えようって気にもなりますよね!

デメリット

可視化されないので辞書に慣れていない小学校低学年くらいの子には向かないかも。

まとめ

両方のやり方のメリットデメリットを自分なりに検証してみた結果、わかった事があります。

そもそも、2つのやり方は目的が違うということ!

付箋を使った辞書引き学習法は、とにかく知っている語彙を増やすこと、辞書を引く楽しさを知ることを目的としています。

しかし、アンダーラインやマーカーを使った方法は、知らない言葉を覚えることを目的としている。

最終的にはどちらも語彙を増やすことが目的になりますが、知っている言葉を増やすのと知らない言葉を覚えると言うのは若干違うんじゃないかな、と。

そしてそれらを踏まえた上で、私が長男に勧めようと考えている方法は…

  1. 知らない言葉に出会ったら辞書を引く
  2. 調べた言葉にアンダーラインや印をつける
  3. 調べた言葉のうち、小学校の間に習得しておくべき言葉は専用ノートに書き出す(長男がもらった辞書には小学校の間に習得しておくべき言葉は見出しが赤くなっています)

このようにしていこうかなぁと思います。

やっぱり付箋を貼りまくるのは見た目がスマートじゃないし、子供の小さな手では付箋が邪魔になって使いにくくなる気がして…。

専用の言葉ノートを作ることで、覚えておかないといけないけれど知らなかった言葉が浮き彫りになってきて良いかなぁと。

私は覚えるには手を動かす事が大事だと思っているので。

まだ本格的に使い始めたわけではないので、この方法が長男にあっているかは分かりませんが、とりあえずこんな感じで進めてみようと思います。

実際にやってみて、少しずつやり方を変えていくのもアリですよね。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ちょっとひと手間でもっと良い教材に!

教育

以前購入して、ブログにレビューも書いた「高嶋式子どもの字がうまくなる練習ノート(高嶋喩著)

こちらの記事でも書いた通り、ひらがなの掲載順序は五十音順ではなく、書きやすい順になっています。

korokketabetaina.hatenablog.com

 

ひらがなの書き取り練習をしている長男は五十音順に書き取りをしているので、これだとちょっと見辛いみたいです。

いちいち次に書くひらがなを探さないといけない。

探してるうちに他に木になる文字を見つけて脱線してしまう。

そんなわけで、忙しい朝に余計な時間を使ってしまい非常に効率が悪くて困っていました。

そこで、インデックスを作って探しているひらがなをパパッと見つけられるようにしてみました!

f:id:korokketabetaina:20170317223359j:image

数が多いので普通のインデックスシールだとサイズが合わないので、マスキングテープでちゃちゃっと自作してみました。

字が汚いのには目を瞑っていただいて…(苦笑)

色分けに特に意味はありません。

全部同じ色よりはいいかなーとか、そんな程度です。

このインデックスのおかげで、朝の書き取り練習も随分スムーズに進むようになりました!

中身はほんと、長男にとってはぴったりの書籍なので、ひらがなを探すのが大変と言う難点が解消されて私も長男も大満足です。

この本をお手本にしてから長男の調子が良いので、このままカタカナと漢字も絶好調でこなしてくれるといいなぁと思います。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ