白井さんちの子育て事情

北海道の田舎町で子育て中。我が家の子育て事情を晒します!

6月の家庭学習を振り返る

今週から実親が手伝いに来てくれているため家事から解放されて随分だらけてしまっている白井です。

もうすぐ出産ということで、少し早いですがここで6月の家庭学習を振り返ってみようと思います。

使った教材

6月に使用した教材は以下の通り。

算数

  • 小学基本トレーニング計算12級
  • 教科書
  • 10の補数プリント
  • 計算カード
  • 公文小学ドリル 文しょうだい

国語

  • 小学基本トレーニング漢字12級
  • 教科書ワーク
  • ことばプリント
  • どっかいトレーニング
  • 毎日のドリル 文章読解

取り組み~算数編~

基本トレーニング計算がようやく1冊終わりました。

とりあえず、これで1年生で習う計算は予習したことになります。

休止していた公文のドリルは、文章題のみ復活。

これは教科書に取り組むことで、文章題に触れる機会が増えたことが要因です。

教科書で文章題に触れる機会が増え、その復習と教科書+αの力をつけるために復活させました。

しばらくの間算数といえば計算だったので、文章問題を解くことで算数の勉強のマンネリ化から脱してくれたらいいなぁと思います。

あとは、文章問題を解くことで国語の読解の訓練にもなるので。

取り組み~国語編~

国語で大きな変化といえば、漢字を始めたこと。

1日2字を火曜~金曜の4日間取り組んで、翌週の月曜日に復習のミニテストという形で取り組んでいます。

今のところ順調です。

長男は結構自分で物語を書いたりすることが多いのですが、その際に知っている感じは積極的に使うように促していて、それが漢字の定着に繋がっているのかなぁと思います。

相変わらず珍回答も多いですが…(苦笑)

それから、語彙を増やすためのことばプリントも始めました。

こちらは朝学習に1ページ取り組んでいますが、こちらも珍回答の続出です。

が、国語辞書と併用することで、少しずつではありますが長男の言葉の貯蔵庫が埋まり始めているのが分かります。

意外とマニアックな言葉を知っていたり、今まで意味も分からずに使ってたの!?なんて言葉もありますが、楽しく取り組んでくれています。

本当に本当にスモールステップですが、今の取り組みが今後の読解の基礎になってくれたら良いなぁと思います。

夏以降は少しずつ読解のドリルも進めていけたらいいなぁと思い、今は初期の頃に取り組んでいた問題をもう一度解いてもらっています。

以前よりはヒントもなしに解けるようになっているような…?

あまり焦らず、着実に進めていこと思います。

7月は…

7月は夏休みが待っています。

1学期に学習したことは取りこぼしがないようにしっかり復習していきたいです。

まぁ小1の1学期の内容なんて、取りこぼしようがないような気もしますが…(苦笑)

夏休みの課題に国語と算数のドリルが配られるとのことなので、それらに取り組むことで基礎部分の復習ができると考えています。

7月は今迄のようにじっくり長男の家庭学習に付き合うことが難しいと思うので、その間は計算と漢字の2本柱で反復練習に取り組んでもらおうと思います。

公文のドリルは8月以降かな?

8月中には今手元にある公文のドリルを終わらせるのが目標です。

すでに半分くらいは終わっているので、のんびり進めても終わるとは思うのですが…。

思わぬところで躓くのは長男なのでどうなることやら。

 

陥りやすい!?私は教材ジプシー

愚痴記事だけではあれなので…

今日はもう一つ記事を書こうと思います。

 

春休みから本格的に家庭学習を始めた長男。

第一子ということもあり、教材選びには苦労しました。

とにかく、家庭学習ブログや低学年で中学受験を目指しているブログを読み漁り、良さげなものはネットのレビューや試し読みをしてみたり、良くいく書店に実物があればじっくりと中身を吟味したり…。

購入のたびに納得して購入しているはずなのですが、やはり実際に取り組んでみると思ってたのと違った…なんてこともしょっちゅうです。

特に長男は、「これくらいなら長男でも大丈夫だろう」という予想がまったくもって当たらない!

これくらいなら…と思って購入した教材も、結局はすぐには使えなかったり、いまいち長男が理解するには長男のレベルが足りなかったり。

そんな感じなので、常に教材ジプシーな白井。

こっちで〇〇の問題集が良いと聞けば検索し、あっちで××のドリルが良いと聞けば書店で中身をチェックする。

まぁ、そういうのが結構好きだったりするので苦に思ったことはないですが。

6月も後半に入り、そろそろ1ヶ月の振り返りをしたいので、使用中も教材について思うところを書いていこうと思います。

算数編

我が家で使用している教材は

こんな感じです。

前にもまとめたので知ってる人も多いかと思います。

公文のドリルは現在休止中ですが、別にドリルが悪いとかそういうことではありません。

公文小学ドリルに思うこと

春先にそろえたドリルが公文の小学ドリルでした。

算数と言ったら公文かなという、結構安易な感じで購入した記憶があります。

まぁドリルだし、無難に取り組めるかなぁという感じ。

しかし実際にはあまり長男向きではありませんでした。

何というか、公文の小学ドリルのステップと、長男にあったステップがちょっとずれているというか…。

公文のドリルも、少しずつ同じような問題を繰り返しながら難易度を上げていくタイプなので、普通なら問題なく使用できるかと思います。

しかし、長男はさらにスモールステップで難易度を上げていかないとダメでした。

あと、記憶のメモリ領域が少ないので新しいことを覚えると片っ端から忘れていってしまうんですよね。

そうなると、こまめに復習が必要になってくるわけで…。

なかなかドリルが先に進まないこともしばしばでした。

うまくドリルを使いこなせない私にも責任はあるのですが、おそらく公文のドリルは長男には向いていないんだろうなぁと思います。

まぁ買ってしまったものはもったいないので、夏休みにでも消化しようと思っていますが。

来年は計算と文章題に関しては購入を見送る予定です。

その代わり、小学基本トレーニング計算と文章題・図形を購入して、教科書と併用しながら基礎固めをしていこうと思います。

長男には、小学基本トレーニングのような数日おきに復習できるような構成の方があっているようです。

ただし、数量感覚を養う教材でよさげなものがまだ見つからないので、その辺をどうしようかなぁと考え中。

他にドリルを購入するか、サイパーの問題集に手を出してみるか…。

夏休み以降、長男の様子を見ながら試行錯誤していきたいと思います。

国語編

現在使用中の教材はこち

こんな感じでしょうか。

毎日取り組んでいるのはことばプリントと漢字。

数日おきに取り組んでいるのがサイパーのどっかい訓練です。

文章読解に関しては、読解の基礎が固まってきてから再開する予定で、今は週に1回ペースで、以前取り組んだ問題に再チャレンジしてもらっています。

教科書ワークは学校の授業の進度に合わせて復習という感じで使っています。

文章読解の教材

1年生の今の時期に読解の基礎の基礎を固めておこうと決意したわけなのですが、そろそろ文章読解のドリルも再開したいんですよね。

毎日のドリルはスモールステップで文章が長くなっていくので長男に向いています。

現在休止しているのは、ドリルが合わないからではなく、ドリルのレベルにまで長男の理解が及んでいないためって感じなので、このままゆっくりドリルの方も再開していきたいと思っています。

が、やっぱり毎日のドリルは来年以降は購入をしない方向で考えています。

中身が悪いとか、そういうことではなく、ただ単に「切り離して使う」タイプのドリルが微妙なんですよね…。

問題集のように冊子になっているタイプだと、何度も繰り返し使えますが、切り離して使うタイプのドリルはコピーするか同じものを購入しない限り繰り返し使用することはできません。

それが難点。

なので、今後購入する教材はページが切り離せないタイプを優先的に購入していく予定です。

 結局のところ…

算数にしろ国語にしろ、何度も繰り返し使いたいと思ってしまう派の私。

ドリルは確かに安価ですが、我が家が購入する問題集はそんなドリルとあまり変わらない価格のものを選んでいるので、どうせなら何回も使える方が良いなぁと。

まぁ来年の話を今からしてもしょうがないのですが、ドリルよりやっぱり問題集だよなぁという気持ちは今後も変わらないと思います。

 

とりあえず、今は購入済みの教材をしっかり使って身に付けてあげることが先決。

あまり教材ジプシーにならないよう、今手元にある教材をしっかり見つめようと思います。

 

ちょっとした愚痴にお付き合いください…

もうすぐ出産ということで、今週から実親に手伝いに来てもらうことになっている我が家。

昨日、我が家に滞在するための荷物が届いたのですが、これがまぁとにかく汚い!!

今週来てくれるのは実父なのですが、こんな汚い荷物を寄越すとは思わなかった…。

実家には猫がいるのですが、とにかく衣類が猫の毛だらけ。

実父自前のエプロンさえも猫の毛…。

これから新生児を迎えようっている家に、こんなの持ち込むなよ!

しかも我が家は私以外は結構重めのアレルギー持ちで、基本動物はNGなんですよ。

なので、悪いとは思いつつ荷物を全解きして、コロコロかけたり洗濯したり。

臨月の妊婦に何させてくれてんの!?とキレながら作業しました。

今日もこれから実父の衣類にコロコロかけます。

実母に報告したら「洗濯はしてるのよ?それでも毛が取れないのよ」と…。

いやいや、洗濯物畳むときに猫の毛が散乱してるところで畳めばそりゃ落ちないよ!!

畳んだそばから猫が座ればもうそれは洗濯したとは言えないよ!!

学生時代、私だって猫飼ってたんだからそれくらいわかるよ!!

もう少し気を使ってよ!!!!

本人や母に文句を言っても「もう年だから、目が見えないのよ…」なんて言うんですよね。

「お父さん、70だから認知症も始まってるのかも…」

・・・・・はい!?

そんな状態の人間を手伝いに寄越すつもりなの?????

うちは老人ホームじゃないんですけどっ!?

出産まで穏やかに過ごしたかったのに…

手伝いに来ることだって、私から頼んだわけじゃないんですよ。

実親が「何かと大変だろうから!!今回は絶対に行くから!!」って言うから…。

ちなみに過去2回の出産は夫婦2人で乗り切りました。

自分たちから、半ばおせっかい同様で押しかけようとしてるんだから、最低限の配慮をしろよ!!!

私が結婚以来実家に寄り付かないのは、子供たちがアレルギー持ちだからってのもあるんだけどな…。

1度だけ、祖母に癌が見つかったときに子供たちを連れて帰省したけれど、案の定アレルギーに喘息持ちの長男は体調崩しちゃいましたしね…。

まぁ認知症っていうのは冗談だろうし(電話で話す限りは昔と変わらず)、家事については忙しい母に代わってきちんとやってくれているそうなので、それだけを頼りに実父を迎えようと思います。

もともとだらしなくて汚いのが平気な人なのは知ってたし。

私や夫がそういう汚いものを極端に嫌うことも知っているし。

夫には前もって謝り倒しておきました。

不満があったらすぐに言って!!とも伝えてあります。

それでも、「まだ3回くらいしか孫に会ったことないんだから、それくら我慢できるよ」と言ってくれているのでほんとにもう…。

 

今回は育児や教育から離れて、単なる私の愚痴になってしまいましたが、吐き出して少しスッキリしました。

コロコロかけて心を落ち着かせます。

昨日からずっと鼻や喉がムズムズしているのは多分気のせいだと思いたい…。

 

 

 

ことばプリント購入しました

先日ブログ内で、購入したいと書いたことばプリント。

korokketabetaina.hatenablog.com

この前本屋に行く機会があったので購入してきました!

まず驚いたのは本のサイズ。

てっきりB5サイズくらいを想像していたので、まさかのB6サイズには驚きました。

どうりで、探してもなかなか見つからないわけだよ…。

中身の方は、2年生までに身に付けたい言葉を大きく分けて9つのグループに分けてあり、さらに細かく分類されています。

例えば、大グループ1は「人の動き」で、その中には「体を使う」だったり「手を使う」といった小グループに分かれて学習できるようになっています。

こちらで中身を立ち読みできるので、気になる人はチェックしてみてください!

 

問題のほとんどが()内に当てはまる記号を書いたり、正しい方に〇をつけるといった問題様式なので、見開き1ページ取り組むのにそんなに時間はかかりません。

冒頭部分にある「ことばプリント」の使い方には、見開き1ページ3分程度で取り組めると書いてあります。

語彙力の少ない長男でも、早ければ3分以内に終わりますし、時間がかかってもせいぜい5分くらい。

たまに分からない言葉だらけのページにあたると10分くらいかかっていますが…。

とにかく1回分がとっても手軽!

スキマ時間に取り組めるので時間がない朝学習にもぴったりです。

 

直接書き込んでもいいですが、私はコピーして使うことをお勧めします。

この「ことばプリント」は100ページ以上と結構厚みがあるにもかかわらず、真ん中でしっかり開いてくれるので、見開きでコピーするのがとっても楽なんです!

厚みのある本って、見開きでコピーするときに真ん中が浮いちゃったりしますよね。

ことばプリントはそんなことにならないので、コピーする際のストレスが限りなく少ないです。

 

どうしても分からない言葉は辞書を使って調べるようにしてますが、我が家の辞書は小学館から出ているこちらの辞書なので、例文がそのまま問題に使われていて頭に残りやすいみたいです。

なので、どんどん併用して使っていきたいところ。

1日見開き1ページ取り組んでいるので、結構ハイペースで1巡できてしまいそう。

ただ、間違えたりしている箇所も多いので、何度も繰り返すことで身に付けていってほしいです。

2年生の夏までには完ぺきにできるようにするのが目標です。

2年生の夏以降は、中学年版の方に入っていきたいなぁ。

 

長男も、「これなら嫌じゃない!」と言って取り組んでいるので、語彙力に自信のない子にはぴったりの分量なんでしょうね。

とっても助かります。

 

全統小の結果が返ってきました

テストを受けた塾から4日に行われた全統小テストの結果が郵送されてきました。

郵送されること、すっかり忘れてました。

というか、テストを受けた塾では12日に結果速報が掲示されることになっていたんですけど、それすら忘れていました(苦笑)

結果は自己採点通りの点数。

平均点は算数が54点、国語が46点。

思ったより平均点は低いと思ったのですが、例年こんなもんなんですかね?

問題を見た感じでは国語の方が平均点が高そうな感じがしたので、今回の平均点はちょっと意外。

まぁそのおかげで、長男は国語に関しては平均点以上を取れたことになるので良かったです。

問題の半分以上を未解答で提出しているので、正直分析もくそもない感じ。

でも、受験して良かったんじゃないかなぁと思います。

 

テストを受けた塾では私が住んでいる地区の上位50%を速報で掲示していたのですが、長男、なんとその上位50%に入っていました!!

まぁ町内では2人だし、地区では10人弱しか受験した1年生はいないんですけどね。

あんな点数でも上位50%に入ったのは奇跡だなと思ったのと同時に、いかにこの地区の学力が低いかが分かってちょっと不安…。

まぁまだ1年生ですからね。

これから高学年になっていくにつれて、分母も多くなるだろうし、その分上位50%に入るのも難しくなってくるんじゃないかなぁと思います。

とりあえず、長男よりもまだ下がいたんだ、良かった…

と、レベルの低いことを思ってしまいました(苦笑)

今回の結果を受けて、もう少し算数に力を入れないとだめだなぁと痛感。

国語ばかりに気を取られていましたが、算数も夏休みでしっかり定着させて、2学期以降は少しレベルの高い問題にもチャレンジできるようになってほしいなぁと思います。